広域バンクーバー紹介と家賃相場

バンクーバーとダウンタウンの違い

バンクーバーっていうと、こちらでは通常ダウンタウンを指すんですね。赤く囲まれた部分です。

地図で見えている全体は広域バンクーバーと言われます。

ダウンタウンの高額な家賃は日本の一般家庭には払えません。日本人が考える普通のマンションの2ベッドルーム2バスでひと月3000ドルもザラです。なお、2ベッドルームの場合、通常2バス(2バスの片方はバスタブが付かないで、シャワーとトイレやトイレのみの場合も多い)となります。

2BR相場:2400~3400ドル

それではダウンタウン以外の広域バンクーバーの紹介です。家賃相場は目安です。駅からの距離、築年数で全然違います。日本人が住みやすいハイライズ(マンション)の想定です。

バーナビー

ダウンタウンの家賃が高いので家族でバーナビーに来たものの全然情報がなくて、土地勘のないコテコテの日本人は困る人多いだろーなーと思って、このブログを立ち上げました。人種の片寄りがありません。詳しくはバーナビーの治安で紹介します。

なお、お金持ちはどの地域にもいらっしゃって、バーナビーレイク沿いのシーフォース、ディアレーク沿いのシダーウッドなどは一体何億円するんだろう?という家が立ち並びます。

2BR相場:1800~3000ドル (3000ドル近辺なのはメトロタウンエリアのハイライズです。)

リッチモンド

中国人の町です。中国語のお店だらけ。小学校も中国人率90%以上。ですが、子供は中国語っぽい英語を話すわけではなく、綺麗な英語を話すそうです。英語を学ぶお子さんに不都合はないと思います。

メリット:同じアジア人同士は、やっぱり居心地がいいものです。野菜などアジア食材も安く手に入ります。

英語が話せない方が多数います。彼らはカナダで暮らしているのに、そもそも英語を話す気がありません。逆に、私達は英語が上手に話せなくても堂々としていられます。ある意味、暮らしやすいです。

デメリット:スカイトレインで、降りる人が先という普通のルールはありません。我先に乗り込んできます。カナダ感があまりありません。

2BR相場:2000~3000ドル

コキットラム

韓国人が多く住みますが、リッチモンドのように”韓国人だらけ”っていう感じではないです。コキットラムのマクドナルドに入ると、ああ韓国語が聞こえるなあ、程度です。日本と韓国、仲がよくないですが、こちらで出会った韓国人はみんな素敵で優しいです。

メリット:韓国食材スーパーで日本の調味料が手に入る。スポーツ施設が綺麗。イケアがある。雨でも遊べる子供向け施設がある。

デメリット:ダウンタウンから少し遠い。

ハイライズはほとんどありません。アパートの2BR相場:1600~2400ドル

ニューウエストミンスター

バーナビーの右下にあります。独特の雰囲気を醸し出している町です。高層ビルはあまりありません。あえて作ってない気がします。古き良き時代を感じさせます。ここにも相当のお金持ちはいます。

日本人教会があります。小さいお子様がいる方は、こひつじくらぶに参加してみるのもいいかもしれません。

2BR相場:1800~3000ドル

ノースバンクーバー

行ったことがないのですが、中東系の人が多いと聞いたことがあります。広域バンクーバーの中でウエストバンクーバーとノースバンクーバーは最も安全だという話も聞きます。日本人も割といるみたいです。ただし、冬はやっぱり広域バンクーバーの中では北に位置するのでかなり寒いと思います。

2BR相場:2200~3200ドル

ウエストバンクーバー

バラード湾沿いの高級住宅街が有名です。大学進学率は広域バンクーバーの中でナンバーワンのようです。

2BR相場:2200~3200ドル

サレー

インド人の町です。とはいえ、割合的に多いというだけで、”インド人だらけ”というわけではありません。日本人ももちろんいます。

ネイティブの発音はサレーではなく、スゥリーに近い発音です。

2BR相場:1400~2400ドル

メイプルリッジ

ダウンタウンから離れてここまで来ると、まだまだ高いとはいえ家賃が手頃になってきます。若いファミリー層が多いということです。ファーストネーションの方もかなり見かけるようです。

カナダ人が休暇をとる、ハリソン温泉、チリワック(チューリップ畑が有名)に近いですね。

2BR相場:1400~2000ドル (ハイライズはありません)

まとめ

いかがでしたでしょうか?どの町を選んでも、良いところ悪いところはありますね。日本人はどこにでもいますので、良い物件があったらご縁だと思って住んでみましょう。

なお、日本人のある賃貸物件屋さんに物件を尋ねたところ、ものすごく冷たい返事でした。「お前、バンクーバーの相場を知らねーな!このビンボー親子が!」みたいな返事でした。全員が全員そうではないと思いますが、暮らしてみて初めてバンクーバーでは日本の賃貸業者を使うより、他の方法を使う方が一般的なのだと知りました。詳しくは、家探しにて。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です