カナダ滞在の疑問を解決

日本人ママ

カナダってどんな国かしら。英語ができないけど子供と一緒に生活できるかしら・・・。

とにかく不安です。なんとかなりませんか?

カナダに来る前は、英語ができなくても各種の手続きができる(お役所の人が英語を話せない外国人に慣れている)ことを知らなかったので不安でいっぱいでした。

だから、英語ができなくても手続きは自分でできるよっ!と言いたいところですが、外国慣れしていないコテコテの日本人には、カナダに着いてすぐのSIN取得や小学校の手続きなど、気分的にめちゃめちゃハードル高いですよね。分かります、その気持ち!!!そんな時はロコタビを利用してみてはいかがでしょうか?

ロコタビは旅行案内をメインで紹介している方が多いですが、良心的な値段で生活の立ち上げも手伝ってくれるはずです。遠慮なく聞いてみましょう。

全く知らない人に頼むのって、どうよ?と思っているあなた、今こそ日本人の誠実さに感動する時です!我が家も空港ー自宅間の送迎でお世話になりました。

良かったらクーポン使って下さい。

ロコタビクーポンコード(初回1000円オフ): KFDDPJrE

やることが多過ぎてパニックです。なんとかなりませんか?

トップページに渡航前・渡航後することリストを作りましたので、ご活用下さいませ。

親子留学はどのビザがいいですか?

子供の年齢、子供の人数、生計を立てる方法などによって異なります。詳しくは、親子留学の個人手配をご覧下さい。

サマーキャンプなど短期滞在(6カ月未満)の場合はビザは必要ありません。

ワークパーミットビザは自分で取れますか?

ジョブオファーレターがあればカナダ政府のサイトから自分で取得できます。渡航6か月前なら、チャレンジする価値はあると思います。

私は自分でワークパーミットビザを取ってみましたが、カナダ政府のサイトを読みこなすのに苦労しました。家族4人で10~15万円と言われる相場は高すぎですが、忙しい方は仕方のない出費かもしれません。

学生ビザは自分で取得している方が山ほどいますので、大丈夫だと思います。

ビザ(承認レター)がWeb上にアップされるまでに、どれくらいかかりますか?

書類を全てアップロードしてから1か月くらいでした。時期にもよると思います。学校が始まる7・8月は時間がかかるそうです。また、シリア難民の受け入れ時には、なかなかビザがおりなかったという話も聞きました。

ビザ取得本人(父 or 母)だけ先に行くことはできますか。

家族全員同時に移民局に行かないとビザがおりないことがあります。

いくらあれば大丈夫ですか?(カナダの物価は?)

学校の費用は除いて、ひと月、家賃+日本の生活費×1.5を見ておくと安心です。

カナダの物価は全般的に日本より高いです。特に外食はチップが入るので、家族4人で外食するとたいした物を注文していないのに、すぐに6000円くらいになります。

送金方法が分かりません。

多額の送金、不安ですよね。詳しくは日本円からカナダドルの送金手順をご覧ください。

車はいりますか?

車の維持費が非常に高額なので、スーパー・小学校(保育園)が徒歩5分以内ならコスパ的に不要と個人的に判断します。詳しくは、車の維持費とICBC保険をご覧ください。

水道水は飲めますか?粉ミルクに使えますか?

飲めます。気になる方は煮沸しましょう。粉ミルクの用に使う場合は日本と同じで煮沸して利用して下さいね。

粉ミルク用の水もスーパーで売っていますが、カナダ(カナダは広いので、ここではバンクーバーに限定します。)の水は、日本と同じ雪解け水で軟水のため、赤ちゃんのお腹に優しいそうです。カナダ人も水道水で十分と言っていました。

治安はどうですか?

昼間は日本と同じくらい良いですが、夜は日本より危険です。アメリカと違ってアブない方々が分散しているので、身近に殺人が起こったりします。詳しくはバーナビーの治安をご覧ください。

銃社会ですか?

カナダは猟銃にいたるまで全ての銃の所持を禁止しています。猟銃を持ちたい場合は、免許がいります。アメリカやフィリピンやニュージーランドは銃社会ですが、カナダで銃で撃たれる心配はほとんどない(日本レベル)です。

寒いですか?

バンクーバーは冬場はマイナス5℃くらいが最低です。東北より上の出身の方なら暖かく感じるかもしれません。でも、冬はやっぱり寒いです。建物内は快適です。ちなみに冬は滅多に晴れません。永住を考えている方、バンクーバーの冬を数年体験してからのご検討をオススメします。

親は英語ができませんが大丈夫ですか?

私は英語ができませんが暮らしています。それが移民の国カナダの魅力です。必要単語を並べて、大きい声で叫んで下さい。きっと分かってもらえます。

必要なのは英語力より勇気

です。カナダは英語ができない親の必死さをバカにするような国ではありません。でも、最初は英語ができなくて自分の精神状態がやられます。慣れるのを待つしかないです。

さらに言うと、英語なんてさらさら話す気ないけどバンクーバーにいる人も大勢います(特にお年寄り)。nameも聞き取れない、バスの番号の84も英語で言えない方々に出くわして私は勇気づけられました。

子供は英語ができませんが大丈夫ですか?

大丈夫です。誰でも慣れるまで(2カ月くらい)が大変ですが、まずは自分の子供を信じましょう。もし精神的に無理そうなら、学校に行かないホームスクーリング(親と一緒に2回、担任の先生に勉強の進捗を見てもらう)という制度もあります。

数年であれば語学学校という選択肢もありますね。時間が経てば状況が変わってくるはずですし。大事なのは、いくらでも選択肢があるという大らかな気持ちだと思います。

学校に行ったから社会性が育つとか、学校に行かなかったから社会性が育たないとか、子育てはそんな単純じゃないですよね。

英語を話せない子供に対して、いじめはないと思いますが、日本のように、「一緒に遊ぼう。」と声をかけてくれる子供を期待するとがっかりすると思います。基本的に、自分から積極的にならないと無関心のまま放置されるので、無視されていると感じてツライかもしれません(3年生くらいから)。キンダーくらいは、話せなくても何故か友達ができます。

親子留学で結局、英語力はアップしますか?

子供の場合は確実にアップします。よく留学したけど英語が話せるようにならない、という話を聞きますが、それは高校生以上の短期の留学だと思います。小さい子供に関しては、デイケア、キンダー以上に入れれば、間違いなく英語力がアップします。ただし、短時間のプリスクールだけだと厳しいかもしれません。

それより何よりたくましくなります。英語力アップより、たくましさが身に着いたことの方がメリットが大きいと感じます。

親の場合は、語学スクールに行かなくても英語力があがるということを伝えたいです。

私の場合は、話せなくて滅茶苦茶悔しかった(久しぶりに悔しいという気持ちになった)ので、語学学校には行ってませんが自宅で勉強して多少なりともアップしていると感じます。大人の場合は英語が話せなくて悔しい気持ちをゲットするために、親子留学に来ると思えばいいのではないでしょうか。

親の英語力アップは、モチベーションの問題

だなとつくづく思います。継続できるかどうかが最大の課題です。子供がいるとカナダにいる間は先生やママさんと嫌でも話さなくてはいけないので、語学スクールに行かなくてもモチベーションが自動的に保たれます。

小さい子供の子育てしながら語学スクールに行くことは並大抵のことではないのですが、タイトルに親子留学と書いたので、現地で入手した無料スクールなど色々な情報をそのうち公開します。

なお、学校からの手紙を地道に読むだけでも、少なからず英語力がアップします。

日本人(アジア人)蔑視はありますか?

表向きはないです。最初のうちは、それ以上は考えないで暮らすべきでしょう。

受ける必要がある予防接種はありますか?

日本で普通のスケジュールで受けていれば問題ないです。予防接種の英文に関しては、メニューの「渡航前すること」をお読み下さい。

かかりつけ医はいりますか?

数年の滞在ならいらないです。移住するなら予防接種や健康診断を受けるために必要です。詳しくは、「病気になったら、怪我をしたら」をお読みください。

船便に何をつめればいいですか?

【子連れバンクーバー】船便に入れるマストアイテム12選をご覧ください。こっちの缶切りとか、未だに使いこなせないorz。ちなみに、船便に食料品は詰められせん。航空便なら食料品OKです。

歯科保険に入るべきですか?

不要です。有名どころを調べましたが、年間410ドル払ってマックス600ドルの補てんでした。数年なら日本で診てもらってから来て、一時帰国の時にまた診てもらいましょう。

ただし、虫歯になっているかのチェックとクリーニングはした方がいいですね。詳しくは、「日本人の歯科衛生士さんのいる歯医者さん」をお読みください。

どこに住めばいいですか?

ダウンタウン(バンクーバー市内)の家賃が払える方は、ダウンタウンがやっぱり便利だと思います。それくらいの家賃(月3000カナダドル以上)を払えるならば、ウエストバンクーバー、ノースバンクーバーも高所得者・高学歴の方が多く住んでいるので視野に入れて下さい。

しかし、庶民はバーナビーかリッチモンドをお勧めします。もちろん、お金持ちも多数いらっしゃいますが、ダウンタウンよりはファミリー向けだと感じます。治安の面は心配ありません。学校やスーパーが近いのはもちろんですが、レクリエーションセンターに近いと習い事が便利です。詳しくはメニューの「家探し」をご覧ください。

家をどうやって見つければいいですか?

家族にとっての家探しは最大の難関ですね。長くなりますので、メニューの「家探し」をご覧ください。

大型家具をどうすればいいですか?

家に着いたけど、ベッドがない!って困りますよね。特に小さい子供がいるうちは、母親は全く身動きとれないので。大型家具をどうするか?をお読みください。

日本の家電はカナダで使えますか?

そのまま使えます。カナダの家電はコンセントに突起がありますが、日本に持ち帰っても使えます。ただし、日本は100V、カナダは110Vか120V用に家電が作られているため、カナダの家電を日本で使うと性能が落ちるかもしれません。

なお、電池は日本とカナダで共通に使えます。単三電池はAA、単四電池はAAAという規格になります。

給料は今のままです。税金はどうなりますか?

市役所に転出届を出した月から、所得税は2カ月後、住民税は次の年の6月から引かれなくなります。

そもそもカナダに行った方がいいですか?

英語が単なる受験科目だった私たち親世代の時代は終わりました。技術によって既に世界がフラットで、英語ができれば、地球のどこでも友達ができるし、仕事が見つかるし、結婚相手も見つかる時代です。このようなわけで、 子供のためには100%来て良かったと思います。 そして、英語力だけでなく、色々な国があって色々な考え方があるってことを小さいうちに実際に体験させられたのは大きいです。