カナダのホームデポ(HOME DEPOT)【子供と雨の日バンクーバー】

ホームデポ

ホームデポの行き方

バンクーバー近郊に3店舗あります。3店舗とも駅前で徒歩5分ほどで行けます。

ミレニアムライン・ギルモア駅前のホームデポ

ミレニアムライン・VCCクラーク駅前のホームデポ

カナダライン・オリンピックビレッジ駅前かブロードウエイシティホール駅前のホームデポ

ホームデポ(THE HOME DEPOT)とは

アメリカ合衆国で誕生し、主にリフォームの資材を売る会社です。カナダ人は自分で家をアップグレードする人が多いので、その際の道具や資材を購入するならホームデポという感じです。アメリカを中心にカナダやメキシコも含め約2200店舗もあります。 住宅をリフォームする欧米人の楽しみを肌で感じられます。

日本にはない圧倒的な雰囲気が魅力です。店舗内が広いので大人も子供もちょっとした運動になります。親がインテリアに関心があれば楽しいし、小学生くらいの子供であれば「これ何に使うんだ?」って感じで経験値アップです。

あっという間に時間がたつ広い店内

イケア vs ホームデポ

例えば照明を購入しようとした場合、イケアとホームデポどっちがいいのかは好みによる、と言ってしまえばそれまでなのですが、イケアはご存知通り北欧スウェーデンのデザインで、ホームデポはアメリカのデザインです。アメリカのデザイン…といいたいところですが、ギルモア駅のホームデポはインド系か中東系の方々のインテリアを意識している感があります。

カナダ人はフツーに使うシャンデリア

ホームデポはイケアのようにソファなどの家具を売っていない分、キッチンカウンターの大理石の種類などはイケアより豊富です。

オンラインでも買える

ホームデポはオンライン販売に力をいれています。でも、質感などは実際に見てみないと分からないですよね。お店で見て、ネットで買うのもありだと思います。

カナダのホームデポのサイト↓

https://www.homedepot.ca/en/home.html

商品は20万点とのことです。

子供が喜びそうな(?)場所

トイレなんかどうでしょうか?え、全然面白くない?そーですか・・・。どれも同じに見えるところがスゴイです。これだけあるのに日本で普通に見かけるタンクレスの自動水栓トイレはないんですよ。ウォシュレットもないんですね。

水道の蛇口も沢山ありますが、どれも一緒な気がします。

写真はキッチンの蛇口ですね。 センサーで止まるのも売ってました。

余談ですが、日本の洗面所の蛇口に関しては、蛇口が上からついていて、蛇口の付け根の部分が水を止める時にびちゃびちゃにならないものをお勧めします。もちろんセンサーで自動で水が出たり止まったりします。

上の方から水が出るINAX製

これ、カナダで見かけないんですけどドレッサーがないからですかね。日本企業!出番ですよ~。なぜゆえに日本はカナダに進出してこないのか?日本の物でもサービスでも文化でもカナダに持ってきたら、いい線行くと思うんですけどね。

床や壁も選び放題。インテリアのセンスが必要になりそうです。

ホームデポで買ったソリ(Sled)

ちなみに、私はホームデポで何を買ったのか?じゃじゃーん、ソリです。

アップダウンの多いバンクーバーで雪が降ると、ソリ遊びが楽しいのです・・・が、冬になってもウォルマートのスーパーではソリを売り出さないのです。雪が降って一日後くらいにソリを売り出します。しかもすぐに売り切れます。ソリを見かけたら買っておきましょう。プラスチック製のおしりに敷くソリは5ドルくらいで買えます。

ちなみに、このソリは定価219ドルをセールで119ドルで買えました。お値段が高いけど、坂と雪がある限りどこまでも滑ります。道路に出ないように注意です!

ホームデポのまとめ

バンクーバーの雨の日に、サイエンスワールドや水族館は飽きた~っていう方、大人も楽しいのでホームデポにぜひ行ってみてください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です