カナダの小学校、ついに宿題がゲームに!

グレード4(小学3年生)の娘の算数の宿題はIXLというオンライン教材だったんですよ↓この間までは。

毎日、1日20分と決められていて、本人の好きなところをやってヨシ。もちろん、20分以上やっても良い。やる気のある子はどんどん進むシステム、さすが合理的って思ってました。

そもそも、算数の授業は同じ小学3年生でも、1年生の授業へ行く人がいたり、6年生の授業へ行く人がいたり、能力によってクラスが違うんです。

娘によると、上の学年が遠足に行っていなかった時、算数できる子は退屈しちゃうから先生がスペシャルなプリントあげてたよ、とのこと。

日本は「できない子をどうするか?」に重きが置かれていて、カナダは「できる子をどうするか?」に重きが置かれている。どちらが経済的に有効か?どうして日本の平均所得だけ先進国の中で上がらないのか?あー、コレを語りだすと熱が入るので、ここら辺で。

さて、カナダでは、できない子が落ちこぼれのレッテルを貼られることもないのもすごいところ。「あの子は算数は苦手だけど、他のことができるから。」という感覚。年に1回タレントショーや月1回のshow & talkで、自分のできることをアピールする訓練を積んでいる。

しかし、IXL、私も多少解いてみたけど、あまり面白くない。これは、やらない子多いだろうな、と思っていたら、ついに算数の宿題がゲームに!

prodigy

その名もプロディジー。自分で、好みの名前と主人公を選んでから遊ぶんだって。画面見てたら、正解するごとにゲームで遊べるようになってる。ヘンテコキャラが火ふいたり何か投げたり、ドラゴンクエストみたい。

prodigyのサイトより

娘は「私、アリアナちゃーん!」と言いながら喜んでいたのもつかの間、問題が難しいらしく(英語だし)、「分からなーい!」とギャーギャー言いながら取り組んでいました。日本の教育頑張れ!

世界の子供達と対戦!

実はプロディジー、オンラインで世界中の子供達と対戦できるんです。授業が早く終わった時は学校でプロディジーをするそうですが、オンラインで対戦した相手がインドから接続した相手(インド人)だったと言っていました。

問題を解きながら進めるとはいえ、算数の勉強がオンライン対戦ゲームでいいんでしょうか?と思うのは私だけ?

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です